ある日突然肺癌宣告

2017.5.16 初めて 病院に行く。
2017.5 末 検査の結果 左肺腺癌 ステージ4と 診断される。
必ず 治すと 心に誓い 闘病生活に 入る。

2回目の肺内視鏡検査

6月21日


癌研で 肺内視鏡検査の日…

午後からの 検査なので 朝ご飯は 6時までに 食べ終われば良いと…


病院に行く日は 犬2匹の散歩やら、 家事やら 何だかんだ 大忙し…


いよいよ 出発!


前回 肺内視鏡検査で 死ぬ思いを した 経験から

主人は ビビリ腰…(^_^;)


今回は 全身麻酔だから 大丈夫だよ!!!

と 励ますものの

実は 心配…(^_^;)


予約時間を 少し過ぎた頃 呼ばれたーーーー(; ̄ェ ̄)

とうとう また あの検査が…


緊張と 心配 丸分かりの 表情で 検査室に連れて行かれる主人…(^_^;)


1時間半位で


出てきたーーーーーーーー\(^o^)/


まだ 麻酔が完全に冷めていなくて ろれつも回らず

目も 虚ろ状態…


しばらくすると 母ちゃん!

俺の手を握ってくれ!


俺 もおダメかもしれない…


愛してるよ!


今まで 恥ずかしくて 言った事も 無かったけど ちゃんと伝えないと!


ありがとう! いい人生だったよ!




あたし

…………………………………………(; ̄ェ ̄)




そこで 片方の手が パタンと 下に落ちたら 俺は 死んだ時だから


そしたら 母ちゃんは そこで 泣くんだぞ(笑)(笑)



あたし

…………………………………………(; ̄ェ ̄)



あんた …

なに言ってるの? 検査で麻酔かかってるだけだけど…



分かってる! でも せっかく癌になったんだから 最後の 練習照れ照れ照れ照れ照れ照れ

ドラマみたいでしょ!


………………………………( ̄Д ̄;;



アホか…(; ̄ェ ̄)

不謹慎な…

演技でも無い…




でも そんな 冗談が 言えてる位で 良かった…


と 同時に ホントに お別れが 来てしまったら どうしよう……………


笑いながら 涙が 止まりませんでした…